実際にあったトラブルとは?医薬品を購入する際の注意点

実際にあったトラブルを知って安全に医薬品を購入する

医薬品を購入すること

対面販売では、なかなかトラブルは起きなさそうです。ところが実際はそうでもありません。傾向としては買う側の知識不足が多いです。もっとも買う側は素人ですから知らせる店側の問題でもあります。 対面販売では、いろいろ質問ができるのが良いところです。医薬品購入の一番の方法であることは間違いありません。

ネット通販のトラブルについて

ネットで購入する場合のトラブルは、数多くの違法サイトが横行していることにより起こります。利用者はいろんな事情からネット通販を利用せざるを得ないのですが、信用できるサイトから購入したいものです。くれぐれも値段だけで判断することはないようにしましょう。

対面販売で起きたトラブルについて

日常、医薬品を購入するのは風邪を引いた時や胃腸の調子が悪い時に薬局で買うケースが一番多いはずです。ところが、いまやネットでも医薬品が買えるようになりました。しかも医薬品一類の危険性ありと分類されるものまで買えてしまいます。当然トラブルも増加傾向にあります。
このサイトでは、ケース別に実際に起きたトラブルの事例をもとにいかにトラブルを避けることができるかをお伝えします。
薬局での対面販売とネットでの購入と個人輸入したケースです。特に個人輸入は、輸入の時のトラブルと届いた薬品のトラブルのダブルで発生する危険性があります。価格の安さにつられて利用してしまうと後で取り返しつかない事態にもなりかねません。基本は自己責任ではあっても、できればトラブルは避けたいものです。
ケースではとりあげてませんが、病院で処方箋をだしてもらって薬局で購入するケースについてご説明します。医療用医薬品と呼びますが、実は処方箋なしでも法律的には買うことができるのです。ただし、それに応じてくれる薬局は数少ないです。これは、処方箋なしの場合の客単価が、処方箋ありの場合と比較して半分程度になるからです。処方箋から販売した方が経営的には安定するのですから応じる薬局が少ないのも納得できます。結果的にほぼ処方箋ありとなります。処方箋を書いた医者のミスぐらいがトラブル原因となっておりますので取り上げませんでした。
やはり、ネット通販と個人輸入は要注意です。

個人輸入のトラブルについて

個人輸入で医薬品を購入する場合は、リスクがいっぱいです。個人輸入するだけでもトラブルが発生することが多いのですが、さらに届いた医薬品の品質についてのトラブルも重なってきます。ですからできれば避けた方が賢明です。ここでは個人輸入に特有のトラブルを解説します。

TOPへ戻る