実際にあったトラブルを知って安全に医薬品を購入する

>

医薬品を購入すること

薬剤師が不在の時のトラブル

薬剤師が不在の時には、売ることができない薬があります。ロキソニンなどもそれにあたります。「要指導医薬品」といいます。薬剤師の不在については、お客側には関係ない話なので「なんで売れないのか?」「どうしても売ってくれ!」と言ったクレームトラブルが発生します。
少し前までは薬剤師が不在の時は店を閉めなくてはいけなかったのですが、条例で許可されるようになってクレームトラブルがでるようになりました。
また、最初から薬剤師がいないドラッグストアも含めてですが、薬の飲みあわせについての質問も多いようです。登録販売員の方は、専門の知識を持っているわけではないですから、うかつに答えてしまったことによるトラブルも発生しています。
お客さんにとって、薬剤師も登録販売員も区別はつきません。ドラッグストアで丁寧に説明して客側に理解してもらうしかなさそうです。

その他対面販売のトラブル

対面販売は、人と人とが直接会話するので薬の販売に限らないトラブルが発生します。
一番多いのは、待ち時間の長さからくるクレームです。誰しも待たせれるのはいやなものです。どこの店舗も最近は人手不足ですからどうしても待たせてしまうケースが多くなります。
次は、接客態度についてのクレームです。あまりにも馴れ馴れしいとか服装が相応しくないとか色々です。お客さんがクレーマーのケースもありますが、接客の基本を踏まえて対応するしかありません。
最後は、薬やサプリメントが効かないというクレームです。誇大広告気味な薬のコマーシャルを見るとクレームつけたくなるのもわからなくはありません。これには、販売時点で、個人差があるとか全ての人に効果があるわけではないことを丁寧に伝える必要があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る